確実にネイルサロンに就職するために|ネイリスト検定試験を受けよう

必要な知識を学ぶ

女性

ネイルの資格を取るためには勉強が必要であり、実際にネイルサロンで働きながら学習する方法と、専門学校などで勉強してから資格を取る方法がある。働きながら実際の技術を学んでいきたい場合には前者を、しっかりと勉強してから働きたい場合には後者を選ぶと良いだろう。

プロを目指して学ぶ

女性

特別な資格を必要としないネイリストですが、実力を証明できる資格があれば就職に有利です。ネイリストになるためには、知識の他にも技術が必要となります。名古屋のネイルスクールに通って、プロの技を学びましょう。就職支援を行っているスクールであれば、卒業後の進路も安泰です。

スクールと通信講座

手

ネイリストになるには、ネイルスクールに通うか通信講座を受けるといいでしょう。名古屋にもネイルスクールがあり、経験豊かな先生が教えてくれてためになります。通信講座では自分の好きな時間に学習ができるメリットがあります。

ネイリストとして第一歩を

手

資格は必要なのか

ネイリストになるためには、特に資格は必要としません。しかし、プロとしてネイルサロンなどで活躍するネイリストを目指すのであれば、ネイリスト検定を受験し、資格を取得しているほうが、就職率は上がります。なぜならば、検定試験は設けられている各級によって、求められる技術・知識の基準があり、その基準に達していなければ合格はできません。つまり、何級を取得しているかによって、おおよその技量が判断できるためです。たいていのネイリスト検定は、筆記試験と実技試験が行われます。筆記試験の対策としては、公式問題集や過去問題集を解くなど、独学でも十分合格できる可能性はあります。しかし、実技試験の合格となれば、難しいものがあります。効率的に合格を目指すのであれば、学校やスクールに通うのがいいでしょう。学校やスクールは、ネイリスト検定で合格するためのノウハウを持っています。また、実際にサロンなどで活躍しているネイリストが、講師を務めている場合も多いのです。現場を知るネイリストから、得るものは多大です。ネイリスト検定で示されている「基準」が、現場で必要なことだと実感できるはずです。本やDVDからだけでは、わからないことが感じ取れるはずです。学べる期間や時間帯、費用は、人それぞれです。学校やスクールも、それぞれのカリキュラムを持っています。自分に合った学校やスクールを選択し、正しい技術と知識を持ったネイリストを目指してください。